はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

想像力

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

魔法の杖をもっている、どんな呪文を唱えよう。

 

悩みに悩んだ。

残念ながら、たくさんの選択肢の中から、どれを選ぶのかと言う悩みじゃない。

特にこれといった魔法を思いつかないなんて。

面白いことや、奇想天外なことを生み出そうとしているわけじゃないのに…。

 

想像力が足りないなぁ…。

と、簡単に片付けていいほどの問題ではないような。危機感に近いものを感じた。

 

魔法が使えたら=自分のしたいことは?夢は?

と聞かれているような気がした。

 

現実世界に縛り付けられる魔法をかけられた自分。

滝の水をビールに変えても、それを飲みにいける気がしない。

自分と向き合わされる羽目になってしまった。

 

自分のしたいことは特にない。

裏を返せば、どんなことだってしてみたい。

とも言える。

すごくふわふわしてる。

あぁ、自分には夢がなくて、何を頑張ったらいいいかわからない。

欲しいものもない。行きたい場所も特にない。

 

あぁ。

 

もしも魔法がつかえたら。

そういえば、そうだった。

もちろん魔法がつかえたら。

なんでもしてみたいなら、何人もの自分をコピーして、色々な人生を歩んでみたい。

ある自分は家を継ぎ、ある自分はバリバリの転勤族。もう1人の自分はカフェの店長、ニートの自分がいても悪くない。

 

そんな、自分の可能性をまだ自分は見捨ててはいない。とポジティブな結論をつけた。

 

その歳になっても、まだそんな悠長なことを言っているのか?

そんな自分が顔を出しそうになった。

 

もっていた魔法の杖をふりかざし、どこか遠くへふきとばした。