はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

芯のこだわり

 

テストが近いと言うのに、今学期は過去最大級にサボりボリボリだ。

 

高校の時は2ヶ月半くらいのペースで、シャーペンの芯を使い切っていたのかな。

大学に入ってやっと一個使い切った。

2年半経っていた。

 

そんなふうに、麺棒で小麦粉をうすくのばしたような毎日。

 

勉強に対する、言い訳?自己暗示?をするようになって来た。

 

自分にとってなにが必要か、自分がなにを学ぶべきかを自分で選ぼうとするようになった。

 

まだ、そんな選べる立場にないのかもしれないけれど、やる気が出ないから仕方ない。

 

2Bの芯を使うというのが、ずっと前からのこだわりだった。

だけど、コンビニにはHBしか置いてなかった。

 

仕方なくHBを買った。

 

なんで、前はHBを許せなかったのか、さらに言えば少しお高いやつを買っていたのか。

 

そんなこだわりは必要ないとおもったけれど、筆箱の中身にこだわっていたのは、気づいてなかったけれど、勉強にこだわっていたからだったのかと思った。

 

こだわりは邪魔になるけど、大切なものだということを実感した。

 

マクロ経済が頭の中で暴れている。

誰にも助けを求めないできないこの感じが辛い。

早く夏休みになって遊びたい。ゆっくりしたい。

勉強のことを忘れたい。

そしてまた、勉強のことを思い出す時期になって苦しみたいと思う。