はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

温泉

 

温泉はいい

 

地元の友達に駅に迎えにきてもらった

 

何も言わずに勝手に連れていかれた

 

温泉はコミュニケーションの場としてはもってこい

 

食事と並ぶくらい大きなそれがあることは、単純に嬉しい

 

なぜか地元に帰った時と京都の暮らしとはまるで違う

 

京都はのどかで、ザ・ニホンみたいな感じと言うか、日本文化の中心と言える

 

だけれども、のどかに大切なのは寺とか景色なんかじゃないのかなって

 

やっぱり生まれ育ったところの方が、なんとなくいい

 

なんとなく時の流れがいい

 

地元でしか、知られてないご当地タレントのCMをみて、下宿先ですでにみているネプリーグを週遅れでみる

 

最低限度のものは、よほど田舎オブ田舎でない限りどこでも揃っている

 

都会は細かい移動は自分みたいな大学生には効かない

 

田舎は自転車でどこに行ってもいいし

車もどこに止めても文句は言われない

 

そんな良さがあることを知った

 

時代の流れには、取り残されていることは間違いない

 

こんなにグローバル化がすすんでいるのに

何1つグローバルになっていない家族と話しながら

 

将来への揺らぎを感じた