はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

南極の氷

 

学校の特別学習とかで

南極の氷を見たことがある

何千年前か、何万年前かわからないけど

めちゃめちゃ昔の空気が入っている

 

解けた時のプチプチと立てる音を

 

先生はありがたいと言わんばかりに

聞き入っていた

 

まぁ、南極から来たことを考えれば

ありがたいんだろう

レアなんだろう

 

普段そんな機会なんて無いんだから

 

でも、そんなに神秘を感じるのか

実感できるのかと思った

 

イメージがしづらいことこの上ない

 

みえないし、よくわからないし

 

約1ヶ月下宿先を空けていた

その間に誰も出入りすることがないから

 

1ヶ月間も時は止まっていたはずだ

 

出発前ドタバタして今から

部屋の中で洗濯物も干しっぱなしで

生活感のあるまま

生活をしていなかった

 

換気扇はつけて出ていたが

どうだろう

空気がまずい

不味すぎる

 

1ヶ月の間、閉じ込もられた空気ですら気持ち悪いのに

何万年も閉じ込められた空気なんて

もう嫌になっちゃうことは運命なはずだ