はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

1人映画

 

1人映画をした

これが何を意味するか

 

それは、よほど暇だと言うことを表している

以前に1人映画をしたのは2年前の四月

エイプリルフールズを観に京都イオンまで行ったのを覚えている

あれ?二条駅だったっけな?

もう記憶が曖昧だ。

イオンに行った記憶もあるし、二条駅でクレープを食べた記憶もある。

多分京都イオンで間違いない。

と言うか、どっちだって良い。

 

バイトもしてなく、京都に引っ越してきて間も無く、すごく孤独を感じて、寂しさをまぎらわそうとしていた感情だけは鮮明に覚えている。

 

今回は、ダンケルクを観てきた。

すごい良いとの評判で、ミーハー心をくすぐられたから行ってきた。

内容のこととか、語るに及ばないので、評判通りだと思ったと言うことだけを残す。

 

同じ監督で比べたら、ダークナイトの方がすごい良すぎた。ダンケルクですごい良いを使ってしまったために、日本語の限界を垣間見てしまった。自分が唯一、二回観た映画。

 

 

1人で映画はなかなか良いな、人生で2回しかしたことがないけど、1回目の時もそう思った。

 

次は、いつ行こうかな。何を見ようかな。

孤独は人を強くするし、弱くする。