はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

テスト

 

トマス・ホッブズアレルギー発症

 

スズメバチに刺された時に、起こる

アナフィラキシーショックと並ぶ二大アレルギーのうちの一つを経験した

 

適当なこというのはこの辺で

 

というのも、テスト前日にして

1人の哲学者を理解しようとする

自分の浅はかさを憂いている

 

リバイアサン、万人の万人に対する闘争

というと、あーなんか聞いたことあるぞ

ってなるかもしれない

 

そうそれがホッブズの代名詞である

 

政治思想家を一人選んで理解しろ

 

なんと適当な教授なのか

せっかくだから、法学部政治学科の講義を受けてみたものの

やはり、そう簡単に取れそうにもない

 

哲学というのは、常人には理解しがたく、また、する必要なんてないのでないかと思える代物である

 

哲学なんて、単なる言葉遊びだと、なまじ机に向かって出した答えは、間違いだったと気づかされる

 

思想家のたゆまぬ努力と、思慮深さの上にあぐらをかき、ビール片手に、諦めモードに入ってる、自分の浅はかさがとてつもないコントラストを生み出している

 

ホッブズはロック、ルソーとかの最初のやつだから、簡単かと思ってたら、全然だった

 

ただ、ひとつだけ学んだ

それは、ホッブズ曰く、一番大事なのは自己保存だと

つまり、なにをしても生きろ

ってこと

だから生きるために、現実から目を背けることも立派な手段だし、もうこれ以上彼と向き合うと、ピューリタン革命の時代に引きずり込まれそうだ