はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

オススメの本

 

 

論理的思考力は割と得意だと思っていた

今も割と得意だと思ってるし

たぶん、実際に割と得意だ

 

だけど割と得意だけじゃなくて

もっと欲しいと思った

 

すごく得意になりたいと思った

 

なんでかというと中途半端な能力だなと感じたからだ

 

インプットは得意で

複雑な論理をそのまま飲み込める力はある

 

だけど、その後のアウトプットがなかなか上手にできない

上手く形にできない

なんとなくモヤモヤした蜃気楼

遠くのイメージはつかめてても

実際にそれを使うことができない

もどかしさを今感じている

 

いくらインプットが上手くても

アウトプットが下手だったら社会人としては

三流くらいに落ち着くんだろうなって

思った

 

学校の勉強なんて

社会に出たら役に立たないって

言って思う人も多いし

実際自分もそんなにモチベーション高くなかった

 

だけど社会に役立つことっていうのは

木の根のようなインプットする力が

すごく大切なんだと思った

 

細い木の根からは

大きな果実が実らないように

 

役に立たないような知識や見識が

すごい大事だなって

 

気がつく頃にはもうその地道な作業をする気にはなれないんだろうな

 

いや、気がついてもしないなら

いつ気がついても一緒だったろう

 

やっぱり話があっちこっちに行って

結局なにが言いたいのかわからない

 

結局言いたいことは

自分の無力さ

 

ではなくて

すごい面白い本に出会ったよって言うこと

 

でもこの本の良さを伝えるには

自分の能力が足りないから、ぜひ読んで欲しいってこと

 

結局自分の無力さを伝えてしまうという

わけわからない終わり