はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

五山送り火

 

毎年8月16日京都の五山送り火

お盆だから実家に帰っていて

一度も見たことがなかった

大学生活最後の年だから

最後のチャンスになるかもしれないと思って

今年はみることにした

 

実は下宿先から東の大文字が見える

遠いけれど建物の間からちょうど顔をのぞかせている

結構レアな物件だと勝手に思っていた

午後8時ベランダからその東の大文字が

オレンジ色に燃えるその瞬間を見た

四年目にしてはじめての光景に少し感動した

 

送り火

東西の大文字と妙と法、船形に鳥居形と計6つある

 

3年間一度も見たことがなくて

4年目にして初めて見た送り火を他に見たくなって

急いで自転車に飛び乗った

 

この大学生活のやり残したことを

取り返せるはずもないのに

とりかえせることが出来るような気がして

自転車を急いで走らせた

 

イムリミットは1時間

 

外には送り火の見物人が道路に出ていた

とにかく北へ北へ

船形を見るために

堀川通りを進んでいった

 

北山大橋に着くと大勢の人が橋の上から

写真を撮っていた

山に燃える船形と川の水面に映る船形

二艘の船を写真に収めて

眺めることも早々に切り上げて

人混みをかき分けて

今度は東に自転車を走らせた

 

妙と法を見る時間があると踏み

今まで一度も通ったことない道を

わかりやすい道とざっくりとしたマインドマップ頼りに

真っ暗な道をずんずん進んでいった

 

京都市でも北のほうに行くと

碁盤の目の通りではなくなる

山が近くなって曲がった道に差し掛かった

それでも進もうとすると

急に目の前に広い池が出現した

 

賑わっていた人通りもなく

真っ暗な池が眼前に広がると

夢中だったはずなのに

なんだか急に怖くなった

道を間違えたみたいだ

少し引き返して

送り火がみえるスポットを改めて調べて

 

今度は正確なグーグルマップを頼りにして

人通りが多い場所に戻っていった

 

しかし人が多くても

お目当ての送り火がみえない

山の方を見ても何もない

曲がった道を通ったせいでバグった方向感覚を疑って360度見渡しても

どこにも見えないじゃないか

 

なんでだろう

改めてネットで確認すると

送り火は30分間の点灯らしい

自分が到着する10分前には消えていたらしい

 

1時間だと思っていたのに

リサーチ不足だったな

自分らしい

 

やり残したままだなと

気が抜けてしまった

全く知らない道をずんずんと進んで

結構遠くまで来てしまったみたいだった

 

夢中で進んだあの時間は

たしかに圧縮されていた

なにかが自分を突き動かしていた

それがなくなって

急に帰るのが面倒なってしまった

 

だらだらと漕いでいた帰り際

古びた商店街で路上ライブをしていた

ギャラリーも案外多かった

特に聞くつもりも全くなかったけど

信号に引っかかったから聞いていた

 

信号に引っかかっているうちに曲が終わって

客も引いていた

近くにいたおばさん2人組もそれぞれ帰路につくみたいだ

 

また一年後会いましょう

 

って言っていた

 

次会うのが一年後になるのに

まるで毎日一緒に登校している小学生みたいな

あっさりとしたお別れだった

 

なんだか不思議な気がした

 

想像しようとしたけれど

その時ちょうど降ってきた小雨が

気になって

その人たちは頭から離れていった

 

そんな小雨もすぐに止んで

 

だらだらと漕いでいた自転車も

見慣れた道へ帰ってきた

 

送り火を見るのに出ていた家族やカップルももういない

 

通りやすくなった道路を走って

下宿先へ着いた

自転車を止めて階段を登って

自分の部屋に着いた

 

カーテンを開けて

ベランダに出てみる

三年間みてきた景色となにも変わらない