はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

ベルリンの壁

 

 

ルパン三世の第1シリーズを完走し

第2シリーズに突入した

 

第1シリーズは日本が拠点だったけど

第2シリーズは世界をまわって行く設定だ

 

23話あった1に対して

2は150話ある

 

すごい量だ

自分も含め大体の人がイメージしてるルパンは2だと思う

 

ルパンが赤い服を着るのも

あの有名なテーマも実は2からで

銭形警部がインターポール所属と設定も1の時には無かった

 

ルパンはなんか安心してみられるからいいし

1話で完結するから楽だ

 

実はルパンは1で1年牢屋に入れられてたし

2も5年経っているという設定だ

 

よくアニメにおいてはサザエさん時空が使われるけど

 

ルパンも変則的サザエさん時空の一種なのかな

時間は経つけど歳をとらない

 

まぁそんな事はどうでもいいとして

 

ここから面白いと思ったところを書く

昔のアニメをみることで

今との違いが鮮明にわかることが面白い

 

2は世界を旅する話と言ったけれど

とある話にドイツのお宝を狙う話がある

そのお宝がヒトラーの遺産である

ヒトラーが普通にアニメに出てることもすでになんかちょっと不思議

 

そしてなにより普通にベルリンの壁がある

1977年のアニメだからそれは普通のことなんだけれど

ベルリンの壁は物心ついたときから崩壊していたから

ルパン達が一生懸命に東ベルリンに乗り込む姿は新鮮だった

 

まぁなんで東ベルリンにルパンが乗り込むかというと

ヒトラーの側近が東ベルリンにいて

その人から遺産の場所を聞き出すためだ

 

その人はもうおじいさんで、ボケてきてる

 

ルパンとそんな老人のこんなやりとりがあった

 

あの手この手で聞き出そうするルパン

それに対して老人は

 

記憶にございません

 

と返す

ルパンはそれを古い言い回しだとつっこむ

 

なんだか印象的だった

 

記憶にございません

っていうのは今でも国会やらなんやらで使われる

 

40年前のベルリンの壁がある時代から

古い言い回しだと揶揄されているのに

その逃げ口上は全く変化していないことが

面白い