はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

何年経てば

 

田舎の県の田舎の海に行った

高校の予定が合ったクラスメイトと

 

そこの海は往復500円で定員40名弱くらいの漁船風フェリーで行くそこは、お盆までは結構人が多いらしい

 

お盆を過ぎたこともあって、人は少なかったけれど、県外ナンバーが多くあって

ネットに掲載されてるらしい

 

田舎の県の田舎の海だから

それだけで物珍しいものになってしまうのだろう

 

遅れての合流だったから一人で船に乗って、五分も経たないうちに、島にたどり着いた

 

渡る前に聞いたように人は少なかった

 

その中に見慣れていた顔が7人いた

風に吹かれて飛んでいったタンポポの綿毛が

もういっかいあつまるような奇跡とまでは言わないけれど

それに近いようなものがあると思うし

 

それが出来る人間の素晴らしさを感じる

 

そんな感情は照りつける真夏のビーチには合わないから、バカ話に花を咲かせる

 

友達と話をしていると、通りかかった父と息子に写真撮影を頼まれた

 

東京に住んでいる親子で大分には帰省しているらしい

自由研究に使うと言って、カニを捕まえていた

 

そんな、いい思い出の写真のシャッターを切ることを頼まれた責任は重い

自分もそんな時期があったのかなぁと、気づけば大人になっていたことを感じた

 

それでも微笑ましい親子には、そんなセンチメンタルな感情はやっぱり似合わない

 

写真確認してください、何枚でも撮りますよー!

と笑顔で言うことしかできなかった

 

あの親子のことは、すぐ忘れるだろうし

たくさんのひととのたくさんのであいがあるだろう

 

であってから

さいかいするかしないか境界線はわからないけれど

みんなタンポポの綿毛だとしたら

答えはきっと風の中なんだろう