はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

サッカー

 

ちょっと遅くなったけど

ワールドカップ観てて思ったこと

日本対ポーランド

格上相手に勝つには、よほどの運がないとダメ

 

戦い方なんか気にしている余裕なんかない

勝てば官軍という言葉があるくせに

負けの美学にも重きを置いている

 

どっちかというと後半ラスト10分のパス回しに批判的な意見が多い気がする

 

自分も大丈夫かこれ?

セネガルが追いついたらどうすんねんって思ってた

 

でもよくよく考えたら

圧倒的な格上相手に

一点取って追いつくことって

すごく難しい

 

だからセネガルが追いつかないことに賭けて

もう一点を取られないことに専念した

 

この判断をあの状況で出来る監督の力量ってすごいな

負けの美学を一切捨てて

グループリーグ突破、つまり勝ちにこだわったあの作戦は

日本人らしさが無い

自分も見習うべきだと思った

 

簡単に言うと

結果主義か過程主義か

どっちが良いかという問題になってくるんだと思うけど

 

試合を観て、そして試合を観た後感じたことは

過程、努力主義って

結局、負けることも頭に入れてるってことなんだなよな

負けの可能性を頭に入れてる中で

本当にギリギリの戦いの中で勝ちきれるのかなって思った

 

勝ち方にこだわれるのは強者の証

横綱相撲のような相手を全て受けて勝つって

チャレンジャーの立場では出来ないよ

 

自分も負けたとき

いつも何か自分を慰めてるような気がした

慰めてくれる人を探したり

慰めてくれるような考え方をしたり

楽に生きてきた

 

楽に生きる為には

こうしたって良いんだって思ってた

 

だけどやっぱり

勝つのが良いよ

 

かっこいいし憧れるし

 

だからそのメンタルよ