はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

 

 

久しぶりに虹をみた

しかも特大だった

 

虹を見ることができるのはレアだ

それは、雨だけど晴れていて

そして自分も見なくちゃいけないからだ

 

まず、虹は曇っていてもかかっている

少なくともかかる条件として必要な水分はある

でも光が弱いから見えない

だから雨だけど晴れている

ちょうど雨上がりのタイミングを掴むのはなかなか難しい

 

そして

そらを見上げる自分がいることも大事

今回久しぶりに虹をみて

綺麗なものを逃すことが多いんだろうと

なんだか少し怖くなった

ステキな時間、空間、人は

色んなところにゴロゴロあるんだろうと

希望を持つことでプラスに変えて行く

そしてそれはすべて偶然だということにも楽しみの一要素として考える

 

あと

夜の虹

これはあるのかどうかも気になった

夜の虹が見てみたい

それはさぞかし幻想的なんだろうな

 

でもないような気がする

輝くためステージじゃなくて

舞台裏のような感じかな

 

とにかく

自分が虹だとするとと言う

雑な

例え話で逃げるとするならば

 

自分が評価されるのは実力だけではない

その時の周囲の状況

天気はいいか、周りの人が見てくれているか

というタイミングも大事

 

 

誰も見てくれなくても

そのかがやきは変わらないし

誰かが見てくれたとして

より鮮やかになるわけでもない

 

とにかく

きたるときのために

修行だけは欠かさずに

精進をせよ