はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

べんきょ

 

勉強で好きなことといえば

どうでもいい豆知識だったり、雑学だったり

そんなことが好きな理由がわかったような気がする

 

好きというよりは

そんな小さい知識しか蓄える力がないのと

その小さい知識を入れる引き出しを

大量に持っていて、それがどこにあるのかがわかっているからなんだな

 

履歴書にクイズが趣味とかくほどの

クイズ好きと言うわけではなく

無趣味な人間が趣味読書と無難に嘘もつくことが出来ないから

仕方なくかいていたけど

 

自分の知識の引き出しは間違いなく

小さくて数が多いタイプ

数が多いかどうかはさておいて

間違いなく小さいことだけは言える

 

たぶん二次方程式の解の公式

くらいの大きさの知識を入れるのが限界だ

それが自分が一度に覚えられるものの単位だ

 

だからそれを克服するために

覚えるのが大変なことにでも

1つ1つの小さな知識をつなぎ合わせるように

順序だてて、論理的に覚えると言うことを

 

まずこうなって、次にこうだからこう

と理屈がないと覚えられない派だったし

 

今勉強してて

本当に論理で覚えないと脳に染み付かないことを実感している

 

記憶力が低下しているから

とにかくやばさを感じながらと

あと、自分の特徴を知りながら効率よく勉強することを意識して頑張る

 

あー

とりあえずただの羅列に見えるものを丸のみにできる能力がほしい

おちょぼ口だわ

おちょぼ口のおちょぼってなんだよ

 

 

それがないから

理屈がないと覚えられないし、覚えたくない

というダサワードを出してしまうんだよな