はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

自分らしさ

 

 

例えば空手道場がコロナで休みになって

生徒たちに空手を教えられなくなった師範代が

リモートで空手教室を開く

 

そうなると

空手道場を閉鎖せずに空手を教えられるけど

 

場所の制約がなくなったときに

地区の空手道場の師範代は

オリンピック選手の指導に勝てるのかはすごく疑問

 

高校の授業だってそう

zoomで英語の解答解説するのもいいけど

画面の中にはもっと面白くてわかりやすい先生が沢山いる

 

 

コロナにはそういう現場の人たちの仕事を消しとばしてしまう可能性があるし

 

コロナがなくたって

オンラインの恐ろしさを感じられる

 

詰まるところ

そんな現実が来るとは限らないけど

来た場合には

 

どのように生きるか

なにができるか

なにをしたいのかという

哲学的な質問に向き合わないといけない時期が来る

 

その質問にはめっぽう弱くて

死にたくなるくらいになるけどね

 

 

生きるためには他人にとって有益なことをして

対価を受け取らないといけないけど

 

自分らしさは他人にとって有益なものになるとは限らない

 

私にとっては

苦しくない創作活動と言ったらこうやって文章をつらつら書いていくことだ

 

自分らしさを追求する時間が必要だ

それが人のためにならなくて当然だ

自分が得意なことが人のためになったり、有益なことになる方が珍しいし煩わしいものなんじゃないかな

 

そのような結果

誰の役にも立たないということは

限りなく自由に近いと捉えられるんじゃないかな

 

なんてことを朝の車の中で思った