はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

長いです

 

 

 

家に帰ってゲームしたいな

部活めんどくさいな

この後バイトか

 

なんてことに想いを巡らせながら

授業の時間の大半を過ごしていた

 

僕らはみんな受けている

授業があるから受けている

 

その程度の気持ちで生きていたから

別に上手くいかなかったとしても

病んだりすることはなかった

 

うまくいかなくて泣いたあの日は

中学であれほど嫌いだった部活の引退の日に

とりあえず泣いてしまったあの浅はかな涙と同じ味がした

 

ほんとは全然そんなことはないし

涙の味に違いはない

 

話はだいぶ逸れたけど

社会人になって、不幸なことに

試験をたくさん受ける羽目になった

 

そして、試験を結構合格して

ちょこちょこ落ちた

 

そこで今になって感じたことがある

 

勉強って学習計画を立てて

それに向かって実行する

 

これに尽きるのではないかと

 

今更ながら文字に書き起こしてまで

なにを当たり前のことを言っているんだろう

って思われるのかな恥ずかしいな

 

資格試験に関して過去問を解いてみて

傾向を掴んでそれを理解する

この勉強方法で間違いないことがわかった

 

そこにセンスの余地もなければ

やればできる

ただそれだけのテストなんかつまんないな

って思ってた

 

みんなの早押しクイズに一定の自信がある

わたしからすると、センスを出させてくれよこのやろう状態である

 

でも実際は大学受験とかと全く同じ構造なんだなって

 

なにが言いたいかというと

覚えないといけないことが100あるとして

それを100覚えることが勉強

 

簡単な試験だとそれが少なくてわかりやすいから

すれば受かるししなければ落ちる

というわかりやすい構図になってる

 

大学受験だと

覚えることが多い

時間が限られている

 

から1000覚える必要があるのに

1000覚える時間に制約がある

だからたまたま知っていることが出たりして

点数に差が出る

 

小テストだったりすると出るとこが分かるから

対策を立てやすいし、一瞬の記憶でなんとかなったりする

 

つまり1覚えるのに

時間の工夫とか方法を考える必要がそもそもない

 

大学受験と小テストの差なんて

スケールの差はあれどやることは一緒なんだなって

 

ここ2年間の試験生活で感じたな

覚える効率だったりには多少の個人差はあれど

0から正解を導き出すのは難しいから

 

結局やるかorやらないかの違いでしかないんだな

 

詰めが甘いというのはどういうことかも

なんとなくわかってきた気がする

 

ここまでかいたけど

難しい試験=覚えることが多い試験

に合格するには

計画を上手く立てて、実行することができるかという

1番自分にとって重要なことが問われているし

社会人にとっても基本的で大事なこと

 

そこにいるライバルは自分だけ

 

 

そして

そんな単純な世界に身を置いている自分に

満足なんかするなと言い聞かせないとな