はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

気にする性格

 

 

世界7不思議とか太古の都市伝説とか調べてたりすると

人類の歴史の長さってすごいなぁなんて変なこと思ったりするし

石とかに文字を刻んでいる時代もあれば

紙で記録を残してる時代もあるけど

今はペーパーレス化が進んでいるから

仮に隕石が落ちてきて人類が滅んだとしたら

今ここに残している文章も

最近流行りのビッグデータとかいうやつとかも、跡形もなく消えてしまうし、見つけることができなくなっちゃうな

 

絶滅後に見つかるとするのであれば

紙、それよりも石である

 

実際に形として存在しないものの上に成り立っていることが多すぎるとも思う

 

お金の価値、法律、国とかとか

 

話は脱線してしまったけれど

むかしのむかしを想像する

みらいのみらいを想像する

 

何か良くわからないけど少しこわくなってくる

10年先の未来までもこわい

 

それと同時に

今悩んでることとか、気にしてることがいかにちっぽけであるかも浮き彫りになってくる

なんでこんなことを気にしてるんだとかね

極端に言えば、無駄なことにさえ思える

 

 

大きなことを想像すると

今してることに対して意味を持たなくなってしまうから

 

人間は小さなことを気にするようにできているかもしれないな

 

そう、気にするようにできている

 

 

おのれ

 

 

自分に自信をもつこと

調子に乗ることの違いを説明するのはなんとなく難しいな

 

自信満々な人は調子乗っていると思っちゃうしなぁ

 

なんか上手く言い表わせなくてもどかしい

 

それはともかくとして

自分に自信をもって生きた方が楽しいことは間違いない

つまりはちょっとくらい調子に乗ってると思われて、後ろ指さされるくらいの方がいいのかもしれないな

 

自信を持つことは気持ちが自分に対してのベクトルで

調子に乗るということは他人に対してのベクトルというニュアンスが少し含まれているのかもしれないな

なんて自分なりの結論をつけてみる

 

どういう人が成功して、いい人生を送れるかどうかなんてわかんないけど

 

自分にある程度の自信を持つことは大切かもしれないな

なんて思ってた

 

自己肯定感が低いなら

自分の好きなことに対して費やす時間を増やせばいいのかもしれないなぁ

なんてさ

 

仕事でなにか言われたって

スマブラでは最強の自分がボコボコにしてやれるしなぁとかって思えたりする

 

いやしない、スマブラで強くたって

上には上がいるし

上司とスマブラをする世界線なんて

スマブラが飲み会と同じくらいコミュニケーションツールとして利用されるような時代が来たって嫌だなぁ

 

なんてさ

言ってること自分でもよくわかんなくなってきたけどさ

 

とりあえず好きなことする時間を少しでも増やせたら

自分のこと好きになったらするんじゃないかなぁなんて淡い期待を募らせながら

スマブラで負けて胸を掻きむしる

 

寝る前

 

 

花粉なんて年中飛んでるし

慢性的に鼻が利かなくても

なんの支障もなく生きていけることくらい知っているから

 

(ほぼ)全ての花粉アレルギーを持つ自分は

鼻の調子がいい日を知らないという点に置いて

もはや花粉症ではないという確固たる自覚、そして自負がある

 

今日花粉ひどいねぇ?

ボールが飛んでくる

え?そうなんですねぇ。

と返す。

 

花粉症じゃない?

って言うボールに対して

ゴリゴリ花粉症です。

というチグハグな大暴投。

 

花粉症すぎて花粉症がわからないから

鼻のコンディションなんかいちいち確認なんかしていないんだ

 

 

そう生きてきた

 

自分の体調なんか気にせずに生きている

 

そうやって今日も1日をなんとなく過ごしている

 

そろそろ寝る時間だなぁなんて

もともと横になっていたベッドに

心の中でもういっかい横になる

 

ふと自分の口が開き続けていることに気がついた

 

口をあけてたらみっともないな

鼻で呼吸してみよう

 

!!

 

びっくりした。

空気の吸い代がまったくない。

完全密閉。号泣した後のような鼻感。

鼻がただの飾りでしかない状態。

この鼻を誰かにレンタルしたらクレーム殺到するレベル。というかお金をもらってもいらない鼻。

とでもいう有様だった。

 

やっぱり今日は花粉がひどい。

 

 

 

 

年末年始

 

 

23時50分

突然ブログをかきたくなった

 

今日いろんなことを考えたけど

思ったことはすべてどこかへ飛んでいった

 

年末ほど一分一秒を考えることをはない

来年はどんな一年になってるだろう

来年になったら明るい未来が待っているはずだと

いうしかない、願うしかない

 

ただ紅白を観てる年末だ

年末と年始は酒に溺れてみよう

ずっとのんでいく

 

何が楽しいかはわからないけどな

 

なにかを止める

なにかを始めるには良いタイミングだ

 

今年の目標は

 

「体を柔らかくする」

 

人生には柔軟性が必要だ

強い魂は強い肉体に宿ると巷で言われてるならば

 

柔軟な心は柔軟なもも裏に宿るはずだ

 

心ない言葉も

はたさしないプレッシャーも

 

驚くのほどの長座体前屈で跳ね飛ばしてしまおう

 

どうしようもない毎日だったとしても楽しもう

 

人間には区切りが必要だ

 

でも、1秒単位で時間がわかるやうになったのっていつからなんだろうな

 

カウントダウンっていつからできるようになったんだろうな

 

こんな一分一秒を生きるようになったこと

便利だと息苦しさもあったりする

 

あぁ

年明けまであと1分か

 

ポジティブに行こうぜ!!!

 

ういぃぃーーー

 

がんばるどーーー

 

よろしくお願い申し上げます。

 

思考を止めるな

 

いまは昔の話になるけど
毎日日記を書いていた日々があった

もちろん暇だったのもあるけど
今だって日記を書く時間くらいはある

だけど日記を書くことは少なくなった

なんでだろうな

今が忙しいわけじゃない

だけど1日16時間くらい起きてる中で
余裕をもって
何かを感じ取ろうとする気持ちを持っている
時間は急激に減った

だから、書くことが思いつかないんだな
だから、書こうという気持ちにそもそもならない


よくないな

11月30日

 

 

今年も後1ヶ月を切ろうとしてるな

仕事がめんどくさくなってもさ

あまり人には言えないし

一度自分で決めた道だから

自分で否定することなんて

ダサいなーなんて思ってるし

自分の人生、いつまでそうやって甘えたこと言ってるんだろって24にもなってさ

 

だからかっこつけて

大変だし、忙しいけど

涼しい顔して過ごしてる

 

堰き止められた水が溢れ出す時は一瞬だ

多分自分が潰れる時は

1日にして潰れるだろうな

 

なんか有名は言葉って意外と知られていない続きがあったりするけど

 

ローマは1日にして成らず

されど、1日を経ずして終わる

 

的なニュアンスで使われているわけないけど

そんなことを言いたい気分ではある

 

なにが嫌だと言われれば

なにも嫌ではない

 

働かない上司

見てくれない上司

のしかかる数字

終わりのない営業

降りかかる雑務

それでいて、新しい業務もある

 

自分の中では忙しくてできなかった仕事

報告したら時間あれだけあったんやからそれはおかしいってさ

 

そうかもしれんね

 

時間の使い方に工夫が必要やな

 

そうかもしれんね

 

別に

パソコンの掲示板をただ見てるわけでもなければ

コロナの感染者数について延々と話してるわけでもないし

台風の進路を眺めて、来る来ないを考えているわけでもないし

妄想でお客の動きを想像してるわけでもないのにな

 

そんなことをしてる人たちの横を駆け足で走ってるのはその目に映ってないよ

 

いつの間にわたしは透明マントを手に入れてたんだろう

 

だけど、ミスをした時だけみんなの目が来るな

どうしてだろう魔法が切れてしまったみたいだ

 

自責思考をすれば際限はない

他責思考をしてみても際限はないだろう

 

次の店ではどうせできんといけんという理由で

仕事を多く振られる

その仕事ができないのは当たり前だな

そりゃ時間もかかるよ

 

あぁここに書いたらスッキリするかと思ったけど

なんか頭痛くなってきたなぁ

 

面白くもなければ

自分も満足できないな

 

最悪のブログかもしれない

 

助けて欲しいわけでもない

自分の悩みは自分だけのもの

 

これを乗り越えた先にはなにが待ってるんだろうな

 

圧倒的な成長かな

都合のいい会社員かな

 

よくわからないけど

環境を変えたいな

 

どこか行った先にダメなことがあれば

その時はまた考えればいいもしれないし

 

ずっと同じところにいてもいい

 

波に揺れる船のようなこの感情

大切にしていこう

 

 

 

 

2020/10/27

 

 

狭い世界に閉じこもってるのは良くない

 

自分の住んでる場所、仕事、人間関係すべて

もしかすると言語さえも

 

知らない世界を知ることで

幸せだと思っていたことが実は幸せじゃなかったり

不幸だと思っていたことが実は不幸ではなかったり

 

事実は存在せず、あるのは解釈のみだとすると

どのように解釈するかということは

自分の中で知っていることの中から

自分の中でどのような位置付けかを判断するということになる

 

だから沢山知ることは良いことだと思う

 

けれど、知らなかったら良かったななんてことも多くあるかもしれないな

 

知らない方が幸せなこともすごくたくさんあると思う

 

狭い世界で生きるか

広い世界で生きるか

 

どちらでもいくらでも幸せになれるし

いくらでも不幸になりえるなぁ

 

自分の世界を少しずつ広げるような意識で

生きていくようなイメージで

生きていこうかな

出逢いと別れを大切にして生きていこう