はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

つらつら

 

この世の中

頑張っても上手くいかないことがある

努力が報われないことがある

 

その理由はたった1つ

社会が人間が作ったから

だと思う

 

「社会人」と呼ばれる人たちに

どうしようもなく辛いことが多いのは

社会と強く結びついているからだ

 

学生の頃はこう考えていたと

社会人に染まる前に甘い考えを残しておかないといけない

 

筋トレをすれば必ず成果が出る

これは人間が社会のあり方とは無関係にする事が出来る

動物的な営みだ

 

やり方は色々あれど、自分でするしかない

 

他に人に代わってもらうわけにもいかないし

お金では手に入らない

 

人間がみな平等である瞬間で

だらしないお腹は全て自分の責任にある

 

それに対して、社会はなんだい

コメを作る苦労を知らずに腹を満たし

ボタン1つで家に服や本、なんでも届く

 

果たしてそれだけのサービスを享受できるほどの

価値を生み出しているのか

 

確かに

今の経済は分業が進んで、文明が進んで

サービスのコストが下がっているのは間違いないけど

 

同じ人間で

どうしてここまで格差があるのかが気になって仕方ない

 

無人島に行けばみんな平等なのに

有人島ならなんでここまで差がつくのか

シンプルに疑問である

 

安藤昌益は農民を擁護した人で

不耕貪食の徒

耕さずに搾取する者(聖職者とか)のことを言っているらしいんだけど

 

今は沢山の種類のこういう人がいる

その人たちがなんで生きていけるのか

不思議で仕方ない

 

自分にとっては

現代に生まれたこと相当運がいいと思っている

体力もなく、ひ弱で昔なら淘汰されていた人間だから

 

だから、自分のできることを一生懸命にすれば

食べ物を作らなくても

生きていけるから

そういう現実があるからありがたいんだけれど

 

理不尽に苦労をしている人と感じている人がいる以上

理不尽なほど楽をしている人がいる現実がどこかにあるんだろう

 

なぜなら

社会が人間が作ったから

 

身近な人が苦しんでいるのは見たくないと思っていても

それが目に見えない他人だから

世の中が成り立っているんだろうなぁとも思ったりもする

 

なにが言いたいのか

全くわからなくなってきたけど

 

社会人に怯えている

 

 

 

 

 

 

漫画

 

 

ワンピースだとゾロが好き

ルパン3世だと次元大介が好き

魔法少女まどか☆マギカではほむらちゃんが好き

鋼の錬金術師ではアルが好き

 

だいたい

主人公の相棒的なポジションの人を好きになる

 

珍しく主人公が好きな漫画やアニメは

たぶんスラムダンク桜木花道くらいだろう

 

なんでだろうなぁ

主人公も魅力的なのに

相棒役の方にひかれてしまうのは

 

 

こればっかりはわからない

キャラに共通点も見つからないしな

でも思うのは

自分自身が主人公気質じゃないからかもな

自分の思い通りにならないと嫌とか

思ったりしないし

 

自分で人生を切り開いていくパワーもない

 

だから共感しにくいのかななんて思ったりもするけど

 

主人公みたいに強く生きて、カッコいい信念を持つことに対しては強い憧れを持っているから

好きになってもおかしくないのにな

 

いやもちろん好きなのは好きなんだけれどね

 

だけどその強い思いがコンプレックスに感じているのかな

無意識のうちに

 

 

 

 

 

親指

 

 

電子デバイスがここまで発達してくれたおかげで

毎日日記をつけることができる

 

無料で使えて投稿するコストが下がって

しかもベッドの上で指先1つでまとめられる

めんどくささマックスでも親指を使うだけでいい

 

それにおいてはすごい恵まれた時代を生きている

 

少々過激なことを言ったとしても

表現の自由は守られるし

 

だからそれを最大限に活かそうとして

なんのゴールも設定しないで走り出す

 

最近は特になにをする

意欲もなくて、だらだらと書いていると

すごいネガティブな文章になってしまう

 

そうやって溜まっていった

下書きの数は結構なものになってしまったな

 

仮にも

この独り言を読んでいる人が少しでもいるなら

そんな内容じゃいけないよ

 

普段は特に気にせずに書いている

自分のための気づきやまとめ、もはや安息の場所になっていて

 

けどさすがの自分でもひくようになってきた

 

無味無臭すぎる1日が積み重なって

だんだんボケ始めている

 

 

 

 

魔法少女

 

魔法少女まどかマギカ

 

Amazonプライム・ビデオにあるから

登録してる人はぜひぜひみてほしい

 

個人的には面白かった

すごいかわいいキャラたちが可愛い感じに敵をやっつけるストーリーかと思いきや

全然違う

 

こういう時

良いものを良いと説明する能力が著しく乏しくて

なんか良いとしかいえないし

ネタバラシをしてしまいそうで何も言いたくない

 

だからとりあえず観てほしい

そして一緒に語り合いたいっていうのが自分のスタンスだ

 

とりあえず

魔女と戦うんだけど

その魔女が不気味極まりなくて

それがとりあえず良いんだな

 

ミステリアスで不気味な雰囲気を漂わせているあの感じは中々無い

 

そして、オタクっぽくて少し毛嫌いしていた自分に説教したくなるほど

萌えを狙っていない

よく出来たストーリー

 

12話で完結するし

特に無駄なくキレイに進んでいくから

1日1話ずつみればよろしいかと勝手にアドバイス差し上げます

自分の場合は1日で全て拝見致しましたけど

 

のこり

 

文豪でもなんでもない自分が

文豪のような生活を送っている

文豪のような生活というのはなにかを知らないけど

 

こうやって

だらだらと暇をもてあますイメージがある

まぁそれも

読書をあまりしない自分が

高校時代にかじった

志賀直哉の城の崎にてを読んで

想像したイメージでしかない

 

想像力が乏しいゆえのイメージだ

大学生活あと何日と数えようとすると少し怖くなった

 

この好きな時間に好きなだけ寝ることが出来る

人生のボーナスタイムを易々と手放さないといけない

自分の無力さに腹がたつ

 

自分が何か人のためになることが出来たら

もうすこしわがままに生きられただろうな

 

生活が激変するのが

すごく怖い

 

ただそれだけだ

環境の変化に進んで飛び込んでゆけるほど

ポジティブでも鈍感でもない

 

ネガティヴで繊細なこの個性が

最悪に働くのがスタート時期だ

 

まず自分がそういう人間だと理解する

そしてそれを無理に曲げようとはしない

でもそうした場合

人を結構寄せつけないような雰囲気を出してしまって

ますます抱え込んでしまう

 

あー今からでも憂うつだな

でも憂うつって思うからいけないんだな

 

わかっちゃいる

わかっちゃいるんだよ

 

仕事が怖いわけじゃない

むしろ人のためになれるから

とても楽しみなんだけどな

 

おせっかい

 

 

自分とは関係のないことに対してどのように関わるべきだろう

 

 

困っている人には手を差し伸べるべきだよ

という意見

部外者は引っ込んでおいた方がいいよ

という意見

 

どっちの意見も納得するけど

どっちが良いのだろうか

 

最近

SNSでさまざまな考えが飛び交っていて色々議論されている

どれもこれも平行線で

結局、1番支持を受けているのは

1番中途半端な意見な気もする

 

最近で言うとタトゥーの問題

 

タトゥーには興味はないけど

入れることには理解を示したい

だけど嫌悪感を抱く人も一定数はいるね

 

多様性を認める広い心を見せて

答えは出さない

大人な対応をしているように

 

無難な答え

触らぬ神に祟りなし

 

三者の意見としては正解に近くて

話をややこしくしないですむ

 

だけれども

当事者意識を持つ必要があるんじゃないかと思った

 

それはある言葉と出会ったからだ

それがこれ

 

"ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった"

 

ナチスが人々を弾圧した時に

ニーメラーという人がいった言葉で

とりあえずウィキペディアからのコピペなんだけど

〜をに入る言葉がユダヤ人とか諸説あるらしい

 

これを知った時

少し考えさせられた

 

どう読み取ればいいのだろう

 

自分が声をあげなかったから、誰も助けてくれなかった

 

誰しも他人には興味はない

 

なんか色々あると思うけど

社会そのものを説明しているような感じがした

 

声をあげなかったことの後悔とか

声をあげていれば助けられたかもしれないという

心がけで解決する問題だけじゃない

 

個人と社会の関係を示していて

一人の力は大勢にとっては無力であるような

虚無感を覚えた

 

 

 

たしかにこの人一人が声をあげていても

この人は報われることはないだろうけど

その一方で

みんなで声を上げれば抵抗することが出来るという可能性も感じた

 

だからこそ

自分にとって関係のない問題に対して

どのように向き合っていくのか

 

おせっかいをどのようにしていくのかは

非常に難しい問題であって

よくよく考える必要があるような気がしてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

激レアさん

 

たまたまみた

激レアさんを連れてきた

 

めちゃめちゃ面白かった

小学校を6日しか通わなかったヤンキーが

社長になる話

 

スーパーのバイトで

国語や算数を学んで

シャーペンもボールペンも

ホッチキスも知らずに

水が冷えると氷になることも知らずに

15歳になった人が

 

今はコンビニフランチャイズの10店舗のオーナーになっている話が衝撃的すぎた

 

スーパーで働いているときは

つねに全力で動いてお客様にカゴを持っていってあげたり

仕事外でもまたお越し下さいと声をかけて

おもてなしする

 

その後に

コンビニでバイトを始めたときは

トイレの前でおしぼりを渡したり

忘れ物を県外まで届けてあげたり

これ以上に衝撃的なエピソードが1つあるけれど

その話は涙が出そうになるくらい

おもてなしの心が詰まっていた

 

 

本当にたまたまみたテレビだったけど

なにかの因果で惹きつけられたんだろう

 

自分もそう言った人間でありたいと思ったし

いかに自分が何もしていないかが鮮明に浮き彫りになってきた

 

強く生きること

とても憧れる

 

だったら自分もなるしかない

誰かのために

誰かに必要とされる人間になるしかない