はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

ひま

 

 

なーんにもすることがないから本を読む

 

企業の歴史を垣間見る

日本の近代化を垣間見る

 

なにが成功でなにが失敗か

分からないけど

 

楽しいものがある

べつになんだっていい

なにかを知るって楽しいことだ

 

図書館にある

何だかよくわからない本一冊を読むだけでも

自分だけのなにかを知ることができる

それがたとえ残らなくても

感じるだけで良い

 

学ぶということは

得ることもあるけど

感じるということでもあると思う

 

得るっていうことはそれをアウトプットできる状態

よく受験勉強では

人に説明できるかどうかで

自分が理解できてるか確認することができるって言うよね

 

もちろんそれも大切

だけどその文章を読んで

なにかを感じるだけでも充分に自分のなにかになるんだと

思いたい

 

本を読む忘れる

映画観る忘れる

旅行する忘れる

 

じゃあそれは無駄だったのか

 

わからない

だけど全てアウトプットできるようになるには

自分の才能や能力じゃ限界があるし

それを全てアウトプットできるなら

もっとすごい人になれてると思う

 

なにをアウトプットできるようになっていくか

誰にもできない分野を深めていくかで

スペシャリスト、又は職人になっていくんだと思う

 

自分はインプットして

出力はないけど

なんとなくわかる程度の浅い知識を広くかき集めていく

ジェネラリストタイプなんだよなきっと

 

だからこそ

色々触れて感じで

 

いつか何かの拍子に

イノベーションを起こせるように

目を配り、耳をすませ、匂いを嗅いでいきたいと思う

でも、楽しむことは忘れた瞬間

それはつまらないものになる

 

ペニー・ファージング

 

理想と現実の

 

真逆さが自分ではとっても気持ち悪い

 

失敗しても最後まで諦めるなって思うくせに

失敗したからもういいやって自分を守ってやりたくなって

 

人生は1秒の積み重ねなのに

1日をなんの意味もなく過ごす自分に

違和感を感じてるのか感じていないのかよく分からないけど

 

無駄に過ごしてしまう

 

理論と実践の中で

理論だけがどんどん溜まっていって

 

まるで前輪だけがやけに大きい

昔の自転車みたいに

アンバランスになってしまってる

 

 

実践でなにか

失敗やら成功やからすることができたら

ココロのバランスがもう少し取れていくような気がする

 

今の自分は考えすぎてる

昔はなにも考えてなかった時代もあって

今は逆

 

これからはそれがすごくバランスのとれたものにしないといけない

 

よく遊んでよく学んで

 

ちょっとやそっとのことでは

諦めないメンタルをもって

 

どこまでも優しくてどこまでも強い人間になっていこう

 

ノストラダムス

 

どんなに偉い人にだって

地震予知ができないように

 

これからのことなんて誰にもわからない

だから適当に自分の未来予測なんてしても

誰も気にもとめない

 

だから少し将来のこと

考えてみようと思う

 

これからは労働は搾取される時代じゃなくなるんじゃないかと思う

 

つまり、資本主義の世の中は

資本家と労働者に分けられてる

 

でも、ものがある程度満たされて行く中で

モノの満足度よりも

ココロの満足度の方を重要視していく人が増えていくんじゃないかと思うし

現在では

ワークライフバランスやら働き方改革やらで

仕事のウェイトがだんだん小さくなっているような気がする

 

モノの満足とはすなわち経済成長で

日本の企業は日本の市場を捨てて

海外進出をはかっているけれど

それは日本国民の何を満たすのかと

ふと思ったりもする

 

企業が生き残るための戦略としては必要かもしれないけど

結局、企業としての生き残りしか考えてないような気もする

 

労働の搾取を続けていると思ってしまう

 

今後は

個性主義、自分主義の時代になって

消費者と生産者に分かれるんじゃないかと

大胆予想をしてみる

 

自分らが各々の好きな娯楽を見つけて

それを楽しむ

消費者の時間を埋める

アートを作り出す人がいる

 

今で言うYouTuberとかがそんなイメージ

人気があれば影響力を持って

それだけで生活できる

そんな時代

 

それはもっと厳しい時代になるんだとは思う

勉強や努力では簡単に超えられることのできない

圧倒的な才能に

あらゆるお金が集まってくる

産み出すことが正義となってくる

 

そんな個性を消費する、楽しむ人が大多数になっていく

 

分からないけどそんな時代が来るときは

すごくしあわせな時なんだろうと思う

 

 

会社っていうのは無くならないと思うし

なにかをなすためには必要な

絶対に必要な組織ではあるとおもうけれども

 

現在みたいに

それが人生を左右するようなことにはならないんだと思う

 

そう言う風に

自分の自由に生きられる人生を送りながら

 

最低限度の義務や役割を果たしながら

仕事はあくまで係のような位置付けになって行ったら

良いなとは思うし

 

今後の社会の発展の仕方においては

充分ありえるんじゃないかと思う

 

と外れ覚悟で予想する

 

とにかく尖った奴が価値の時代が

来てると思うし

もっとそういう風になると思う

 

 

 

あさやけ

 

 

夜更かしをしてしまうのは

今日に未練があるから

 

だけど

地球は待ってくれない

 

ジリジリの日が昇ってる

 

地球のどこかでやっている

ワールドカップが

起きている自分をごまかしてくれる

 

地球のどこかってロシアなのに

そういう言い方のほうが

感じが出るからかっこつけてみる

 

どこにでもいける自由な時間と体があるのに

どこにもいけない自分

その息苦しさで狭い部屋の中で叫びたくなる

 

人は一人では生きていけない

っていう意味が

何個かあるような気がしてくる

 

いつまでも子供のままで

寂しい自分に酔っている

 

 

 

 

 

 

えいいち

 

 

渋沢栄一

日本資本主義の父と言われる人物

この人について

書いた気がするけど、もう一回書きたくなった

 

死ぬまでに500くらいの会社設立にたずさわったスーパーマン

だけど彼は私利私欲のために会社を作ったわけじゃない

 

道徳経済合一説を唱えた

つまり道徳は経済で

経済は道徳だということ

 

日本は江戸時代

身分がはっきり分かれていて

商人の地位は高くなかった

今では当然だとその格差はないけれども

官がエリート層だったりもする

 

金を稼ぐ行為は利己的な考えだと考えられていて、あまりよくは考えられていなかったし

 

当時の日本人の外国に対する商業人の民度

中国人より圧倒的に悪いと評判だったらしい

 

不良品を納品したり

約束を破ったり

そんなことが頻繁に起こっていたらしい

 

今の日本のイメージとは正反対だ

 

お金を稼ぐためにはキレイゴトばかり言ってられないっていうのは

今の日本人でもそうは変わらない感覚だと思う

 

渋沢栄一

その考えに非常に危機感を示して

信頼のこそが最も重要で

 

道徳的でなければ、継続的な利益が出ないとした

なんか言いたいことがバラバラして

まとまりがなくなってしまったけど

 

渋沢栄一

凄い人だ

 

ちょっと

 

 

ちょっと友達と話す

ちょっと勉強する

ちょっと楽しいことをするだけで

 

心が満たされる

 

そんなちょっとの毎日でも

満たされる

とっくりほどの心には

 

大きなものは背負えない

 

韓国語で何を言ってるのか

わかった時

めっちゃ嬉しい

 

でもほんとに最近は物覚えが悪くなって来て

単語が覚えられないのがすごく悲しい

 

でもたくさん時間をかければできるようになるはずだ

 

できなかったら、できるまでする

それだけだ

友達関係

 

友達には恵まれている気がする

たまたま周りにいい人が多くいた

運がよかっただけだ

 

だけど友達は多くない

というか少ない

だけどそっちの方がむしろ誇らしく思えたりもする

恥ずかしがらずに、親友と呼べる人がいる

素敵なこと

 

だけど、中学で悩んだこともあった

嫌われることがあった

気の合うはずもないのに

どうすれば仲良くなれるか

悩んだ日々もあった

 

 

友達からどう思われているか気になる

好かれたいし、嫌われたらすごい落ち込む

相手のことを考えすぎて

何を話したらいいかわからなくなってくる

 

こういうことよくあるけど

ちゃんとしていても嫌われるし

何もしなくても好かれるときは好かれる

 

ちゃんととか、相手に好かれようとする行動も

結局は自分基準を抜け出せないままでいるから

自分の努力は水の泡である

 

それなら、気の合う仲間とだけやっていけばいい

それだけの話

嫌われてる人に好かれるのは

ちゃんとしてもしなくても

なるときはなる

 

だからこそ

ありのままにしていればいい

だけれども

ありのままを理解してもらおうなんて

思ってもいけないような気もする

 

でもこれは、言葉で簡単なようだけど

結構難しいと思う

 

でもなるべくたくさん

好きな人を周りにおいて

好きな人と関わる時間を多くしていけば

ありのままの自分でいられる時間が長くなって

だんだん無理する必要がなくなってくるはず

 

嫌いな人と一緒に過ごせる期間は程度にもよるけど

せいぜい2年くらいだと思う

4年は多分無理だな

 

ありのままでいる

だけど、ありのままを理解してもらおうなんて期待してもいけない

 

こういう風な心がけでこれからも生きていきたいな