はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記です。気軽にコメントください。

退屈

 

日記が上手く書けない日は

刺激と余裕がなくなっているんだろう

 

外から受ける刺激によって

自分がなにか感じる

全然関係ないようなところから

共通点を見出していく

その面白い発見をすることよって

今日1日がいい日になる

 

その外から受ける

刺激が少ないから

最近なにもないなーって

感じてるのかもしれない

 

でもそれが1番の原因じゃないことは

なんとなく見当がついている

それは心に余裕がないからだな

余裕がないから、なにかを目を配ることができない

あっぷあっぷした状態になっている

だけど考えたからといって解決するわけじゃない

考えなかったとしても解決するわけじゃないけど

 

解決しないなら考えない方がましだ程度だ

解決したいなら行動せよ

って言うのが自分へのメッセージだとして

それは書くまでのことではない

 

とにかく

面白いことをするには

刺激と余裕が必要だ

どちらも大きくあれば良いと言うわけでもなさそう

 

微かな刺激になにを読み取るかという面白さもあるだろう

その日常というほぼ0に近い刺激から、わずかな違和感やずれを感じることで

繊細なことを考えることもできる気がするし

むしろそっちの方が楽しかったりする

退屈な時間は自分の心を豊かにさえすると

本気で思ってる

 

したいこと

ちょいちょいある

それをしたいことじゃなくて

していることにする

 

したいことでなにかを語るんじゃなくて

していることで自分を語らないと

中身が空っぽになっちゃうよ