はんなりブログ

京都に住む大学生のだらだら日記→会社員になりました。あまり更新できないかもしれないけど、気軽にコメントください。

変わる

新元号が始まる明るさより 平成が終わる寂しさを感じる 後ろ向きになってる証拠 前に進まないといけない ムーンウォークをすればいいんだ

ドキドキ

ネコよりヒマな毎日から 学ぶことが多すぎて 頭がパンクするような日々になるような気がする いや そうであるべきだ 大学四年間で学ぶことが多かったけど しょうもない記憶が増えて、教養は減った気がする だから 空いたメモリーにはスポンジみたいに 色々学…

あなたに褒められたくて

本当に思いが入っているのに、入ってない素振りをするところが格好いいのかもわかんないですね。 これは高倉健の本に出てくる一文で すごく心に残ったから メモに残してた 四年前に読んだのにこの一文だけは鮮明なままだ 高倉健のことはあんまり分からないけ…

飲み

楽しかったなの足取りの軽さと 寂しくなるなの足取りの重さの ちぐはぐ感でどういう風に足を運べばいいのか戸惑ってしまう 楽しかったの方に軍配が上がったみたいで 誰もいない橋の上で少しスキップをした 長時間話したのに あっという間なあの感じが 楽しさ…

卒業

今週のお題「卒業」 大学卒業までしたけど 人生の中で一番嬉しかったのは もしかしたら補助輪卒業かもしれない 学校の卒業なんて 卒業したくなくてもしてしまうものが大半だ 時期が来れば皆卒業 一斉に卒業 でも補助輪だけは 自分の足で 自分の意思で卒業し…

帰る変える

ライン天気には京都の天気を教えてもらうようにしてたし Amazonとかも全部京都の住所にしてた それを諸々変えるのは生活に対して必須だけど 四年間使った住所は忘れたくないな もう不要なんだけどな いつかまた京都に帰る時には マップを調べずに帰れるよう…

変わる変わらない

ツイッターかなんかでみたけど 変わらないためにも 変わり続けないといけないって なんかちょっとしっくりきたような来ないような 人間関係とかも なかなかずっと一緒に過ごすことって難しいよな こんなにも楽しくて素敵な日々なのに 誰かが決めた節目に流さ…

片道切符

2009年WBC決勝でイチローがタイムリーヒットを打って日本を優勝に導いた日に小学校を卒業して(多分そうだった記憶がある) 2019年イチローが引退をした日に大学を卒業した この10年間お疲れ様でしたとしか言いようがない 小さい頃は毎日のようにイチローが今…

ゲーーム

Googleがゲーム市場に参入するみたいだ さっそくソニーと任天堂の株価が下がっているらしい ゲーム好きだけど機械には大変疎くて 技術的なものに対して詳しいことはわかんないけど ゲームがどんと進化する可能性を秘めているから、大変楽しみではある 以前ま…

さらば

部屋を片付けて あとは人間だけが出るだけとなった 部屋というよりは空っぽの箱になったその空間の窓を全開にしてみた この前まで寒かったのにな と思いながら空気を思い切り吸った 四年前自分が来た時と 空気になりつつあるなぁと 匂いとか、風の強さとか、…

質素

京都アパート最後の晩餐は コンビニのパスタとチキン 荷造りしたダンボールを机がわりにして食べる 数え切れないほどいったコンビニの店員さんは いつもと変わらない接客をしてくれる 息のあったようにポイントカードを差し出して ピッとしたあと流れるよう…

ぐっばい

もうこの家に住むことは 一生無い って思った瞬間に途端に悲しくなる 片付けしてて必死だったけどふとそう思うと とても切なくなるなー 一生ない なんて思った瞬間にこういう気持ちが湧き上がってきたから 自分がこの時期になぜ弱いかを 少しだけ理解できた…

オワリハジマリ

ニトリやダイソー、ユニクロの袋をたくさん持った親子を この時期になるとよく見る そういえば自分にもそんな時期はあったな 先日 四年前の駐輪ステッカーが貼ってある自転車を処分した自分はこの地での生活を終えようとしている この地で生活を始めようとす…

さよなら

思ったより簡単に自転車って処分できるんだなぁ 自転車屋さんであっさりと処分できた 四年間の最後の最後でパンクしてボロボロになった彼との別れは少し寂しいとか言ってみる 最後に写メとかとっとけば良かったなぁなんて思った頃にはもう自分のものではなく…

クスリ

ピエール瀧が捕まったのはびっくりした なんか代表作とかはピンと思いつかないけど よくテレビで観てたなーって コジコジのエンディングを歌ってるね アニメ観る時オープニングとエンディングは飛ばすけど 電気グルーヴのそれは割と聞いてしまってたな そん…

捨てる

引越しのシーズン 初めて1人で全てをこなす 手に入れることよりも 手放すことの方が大変に難しいな 手に入れるのは買えばいいけど 手放すことの手段は多そうだし 自分の1番楽で簡単な方法をとりたい それを探すのがまず面倒になるね 1人じゃ全部は捨てられな…

家族

家族全員が京都に来た 正月ぶりの全員集合だった 正月はいつも誰かがどこかへ飲みに出かけるから 全員で酒を飲んだのは相当な久しぶりだった 母親は意外と酒が弱くて 次の日に残すタイプというのは完全に自分と一致してた 父親と姉はケロッとするタイプで こ…

遠目で

iPhoneのメモに 辛くなったときには って言う項目を作っている 急に憂鬱になる自分のために 過去の自分にメッセージを書いてもらっている その中で印象的だったのが(自分で言ったのにな印象的って言っちゃうところね…) ひときわ大きな夢をもつ そう言えばこ…

ちくっと

血液検査するために血を抜いた うまく針が刺さらなくて 腕から血が出てきた うわぁってなった 結局左腕では血が取れなくて 右腕を出した セブ島で入れた期間限定のタトゥー 案の定 変な雰囲気になった それを察すると あ、これヘナタトゥーって言ってー なん…

電話

彼女との一年記念で湯布院に宿泊する その宿をどこにしようか そんな相談の電話がかかってきた 相手は中学時代の部活仲間である そして、3年間同じクラスだった 自然の家でも修学旅行でも同じ班だった 関係性を文字で書き起こすだけで 仲が良いとかの次元で…

おめでと

そーいえば 卒業が確定してた 時よたつなとずっと思ってた スパイダーマンが電車のまえで糸をだして 体全体で電車を止めるようなあの感覚に近いイメージで 時という電車を無理矢理に止めようとしたけど スパイダーマンじゃないからそれは出来そうにない 乗り…

めちゃくちゃ殴り書き

セブ島でなにがしたいかってことは とってもとっても重要だし 旅の満足度にも関わってくる だけど、それ以上にみんなとセブ島にいけることそのものが幸せであって、楽しいことである だから、すでに満たされているものへの関心は薄くなって 自分がどうしたい…

海上なう

飛行機の上は電波が届かないし 何にもすることがない 格安航空なのに 足を前面に伸ばせる勝ち確定席をゲットしたから せっかくだから 旅の思い出と思ったこととか考えたこととか色々書いていきたいと思う 「濃かった」という、自分らしからぬ表現で メンバー…

家族愛

自分の人生 結構勝負弱さが際立っている ここ一番で負ける その度に割と泣く 悔しいものは悔しいんだ なんやかんやで そういう時に姉に相談してきたのは 自分でも今気がついた とりわけ仲良くはないけど そこまで相談できる相手も 姉くらいしかいない なんや…

ださい

めちゃめちゃダサいメールアドレスを今でも使っている 中学の時に自分が試行錯誤の末に編み出した 珠玉の1アドレスだった 「アドレス変えました〜。登録よろしく〜。」 なんて文化の時代から相棒になっているんだ そろそろ変えないとなーなんて思っているう…

だらだら

久しぶりの更新だ って言ってもまだ一週間くらいしかサボってないのか かなりサボっていた気がするのにな 久しぶりといえど特筆することなんかない まだ まどろみの中で突然原因不明の不安に襲われることが最近のマイブームである なんか肩に力が入っていた …

コーヒーの黒

コーヒーの黒は 体の中で巡り巡って いったいどこへ消えていってるんだろう 一回黒を混ぜてしまった絵の具は どんなに白を混ぜところで白に戻ることはない そんな感じであの黒をろ過する装置が体の中に搭載されていることは 結構不思議 体の中も体の外もわか…

朝のバス停

朝のバス停 コンビニに寄ってたらバスに乗りそこねた 雪が降ってる 心もとない屋根が案外役立つことを実感する 見上げると鳥はいつも通り飛んでるし 車もいつも通りはしってる 自転車がパンクして使い物にならなくなったショックを忘れるためにぼーっとしてる…

おはよ

ただ好きなだけ寝られる人生がいいのか ただ好きなだけ寝られる人生に満足するほど 自分の幸せレベルが成り下がってしまったのかはわからないけど ただただ寝ておきたいって言う気持ち以外には 何も生まれてこない 飲食アルバイト2年間普通に続けられたのは …

地に足つけて

やっぱり未来の自分にちょっとばかり期待しすぎなんだな 今は学生だからこの資格は必要ないとか 今はまだ若いから健康に気を使わなくていいだとか 勉強とか健康とか全部先送りにしてるけど いざ働きだした後に 資格を取ってないとすぐにしたい業務ができない…